銘菓

【銘菓】富也萬(とやまん) 実食レビュー!食べ方は?どこの県?名産?どこで買える?カロリーは?

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

本ブログはいろいろな食べ物などを実食レビューしていく、グルメブログとなっています。

先日購入した、【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビューしていきたいと思います。

今回紹介する、「富也萬(とやまん)」がどこの県の名産なのか?どこで買えるか?食べ方なども一緒に紹介していきます。参考にどうぞ。

マコちん

トヤマン・・・どこの名産か?聞かなくても分かりそうなものです。ていうか、名前でどんなものか想像できないから気になるお菓子ではある

お土産界の最強和菓子「赤福」 を実食レビュー!どこの県の名産?賞味期限は?カロリーは?㈱赤福から販売されている、お土産界の最強生和菓子「赤福」を実食レビューしていきます。あと何県の名産なのか?どこで買えるか?なども一緒に紹介していきます。...

リブランから販売されている【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー

では、リブラン」というメーカーから販売されている【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビューしていきたいと思います。

ちなみに、こちらの「富也萬(とやまん)」は全国菓子大博覧会で「金賞」を受賞したこともある、和菓子となっています。いやー、食べるの楽しみ。

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー

こちらが購入してきた、「富也萬(とやまん)」です。

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー

モナカっぽい感じがしますがパイ生地ですね、柔らかそうな印象です。

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー

こちらは裏側です。

スポンサーリンク

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー

袋から開けました。

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー

という訳で、いただきたいと思います。

【銘菓】富也萬(とやまん) 食べ方は?

銘菓特有の食べ方は特になし。

あえて言うのであれば、温かいお茶と一緒にどうぞ。

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー

まずは中身が気になるので、切って確認していきます。

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー 半分に切ってみた

結構サクっと切れちゃいました。

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー 半分に切ってみた

パカッと。

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー 半分に切ってみた

薄い色味の餡が目に飛び込んできますね。

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー 半分に切ってみた

見た目は、少し硬そうな感じのする餡です。

スポンサーリンク

【銘菓】富也萬(とやまん) 感想

富也萬(とやまん)は優しい甘さで美味しかった

見た目では硬そうな餡ですが、口の中に入れるとスッと溶けてなくなるモノでした。それってよくこされているのかな?

それとパイ生地のほのかに香り、しっとりとしていて柔らかく餡に絡んでとても美味しいです。いくらでも食べれちゃいそうな和菓子です。

やってませんけど、レンジでチンして少し温めてみても美味しいと思います。

 

【銘菓】富也萬(とやまん) はどこの県の名産?

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー
名産地

富也萬(とやまん) 富山県 富山市の名産

という訳で、富也萬(とやまん)は富山県の名産でした。そのままでした。

 

【銘菓】富也萬(とやまん) どこで買える?

わたしは今回、出張中の高速道路にあるSA(サービスエリア)で購入しましたが、調べてみると富山県の駅や空港などで販売しているようです。たぶん、富山県内にあるスーパーや、小売店とかでも販売してそうです。

ちなみにネット通販でも購入出来ます。気になる方やもう一度買いたくなった方はぜひ。

他のオススメ銘菓

富也萬(とやまん)を製造しているメーカー「リブラン」には他にも有名な和菓子が販売されています。甘金丹(かんこんたん)というものです。

全国菓子大博覧会「金賞」や他の名だたる賞を受賞している和菓子です。
(公式サイト参照)

こちらは、蒸し菓子で中にはなめらかなカスタードクリームが入ったものです。こっちの方が有名かも。悪いけど、こっちの方が食べやすくて美味しい。

 

【銘菓】富也萬(とやまん) カロリーは?

【銘菓】富也萬(とやまん)を実食レビュー カロリーは?
カロリー 他 栄養成分
  • カロリー:151kcal
  • たんぱく質:2.9g
  • 脂質:5.6g
  • 炭水化物:22.3g
  • 食塩相当量:0.07g

スポンサーリンク

【銘菓】富也萬(とやまん) 販売価格は?

販売価格

「富也萬(とやまん)」 1個/約200円くらいから~

めちゃくちゃざっくりでごめんっ!!

でも、買うお店とかで違う場合もあるから適当なこと言えないなぁと思って。こんな感じになっちゃってる!ごめんっ!

ていうか1個でも買えるし、6個入りや8個入りや、なんなら甘金丹(かんこんたん)とかと詰め合わせセットとかもあるしで・・・。

 

おわりに

という訳でリブランというメーカーから販売されている、「富也萬(とやまん)」の実食レビューでした。

見た目と違って、優しい甘さの餡としっとりパイ生地はパクパク食べれるお菓子になっていました。こういう歴史あるお菓子はたまにいただくと嬉しいですね。

マコちん

思った以上に美味しい和菓子だったので、日本各地の和菓子に興味が出てきました

お土産界の最強和菓子「赤福」 を実食レビュー!どこの県の名産?賞味期限は?カロリーは?㈱赤福から販売されている、お土産界の最強生和菓子「赤福」を実食レビューしていきます。あと何県の名産なのか?どこで買えるか?なども一緒に紹介していきます。...
吉兆庵 梨宝果 開封 高級感のある入れ物に入っています
【宗家 源吉兆庵】梨宝果(なしほうか) 果肉入り洋なしゼリーをレビュー。お土産のレベル超えてない?つい先日のことですが、知人から吉兆庵の「梨宝果(なしほうか)」というお土産をいただいたのですが、これが驚きのクオリティだったので紹介していきたいと思います。 お土産に持っていきたくて、中身がどんな感じなのか知りたい方や、実際に食べてみたい方はぜひ参考にしてみて下さい。...

日本ブログ村のランキングに参加しています、よければクリックお願いします。

にほんブログ村 グルメブログへ